絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングとおしゃれについて

絨毯クリーニングとおしゃれについて

家の中のインテリアの一つとして、おしゃれに室内を演出してくれるひとつとして、床に敷いている絨毯があります。購入したばかりの時には、新品で美しくて、部屋のナイスなアクセントにもなってくれます。ですが時間の経過とともに、絨毯にも臭いや汚れが付いてきて、よく見たら随分汚れていたといったこともあります。絨毯は定期的に、適したメンテナンスが必要なものです。何もお手入れをしないと、長く使っていくことは難しくなります。



絨毯の良いメンテナンスの一つが、絨毯クリーニングをするということです。日常的な絨毯のお手入れとしては、3日に1回くらいのペースで、絨毯には掃除機をかけます。絨毯に付着している汚れとして、その80%の割合が、浮遊している室内のホコリです。絨毯に考えたくもないダニが発生するのは、髪の毛や食べカスなどの、細かいゴミが溜まっていることが原因です。3日に1回は目安ですが、毎日のようにでも掃除機をかけると良いです。



そんな簡単なことで、ホコリや細かい汚れを取り除くことができます。週に2回でもいいので、1㎡あたり掃除機を20秒くらいかけると良いです。掃除機を絨毯にかけるときには、毛並みとは真逆方向にかけて、毛を起こすような感覚で掃除をします。そうすると、絨毯の毛の根元に溜まった、ホコリやゴミも吸い取りができます。上方向から押さえつけるような掃除機のかけ方だと、余計にゴミがつまります。家庭内での絨毯クリーニングとしては、拭き掃除もします。



ホームクリーニングとしての絨毯クリーニングでする水拭きは、3ヶ月に1回くらいのペースで行います。バケツにぬるま湯をはり、家庭用の中性洗剤を少し入れて、雑巾を濡らしてから、固く絞ります。絨毯は毛並みとは逆方向から、力を入れつつ拭いていきます。絨毯の水拭きをするときには、よく晴れた日が向いています。絨毯は湿りますから、晴天の日でれば乾くのも早くなります。日常的な拭き掃除には、衣類用の中性洗剤を使用します。



ホームクリーニングでは落としきれない汚れは、プロの絨毯クリーニングのお店に、クリーニングのメンテナンスを依頼することです。おしゃれな絨毯は、クリーニングが終わったら、本来の美しいい風合いを取り戻して帰ってきます。専門業者への依頼は、料金はかかりますが、せめて2年から3年に1回くらいは出すようにすると良いです。梅雨のシーズンは、絨毯のお手入れも難しいので、それ以外の時期に出すのもポイントです。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼