実績のご紹介

青森県 A様 ペルシャ絨毯 クム産 房交換

更新日:2018/1/10

ペルシャのシルク絨毯を代表するクム産のシルク絨毯です。
こちらの絨毯は今から20年以上前にお買い求めいただいた絨毯のようで、絨毯とパイル
部分の間に白いキリムと呼ばれる平織りの部分はあります。5年前前後の新しいクム産に
はこのキリムがありませんので見た目で年代がわかります。
房の部分は先が筆のように細まりだしたら劣化の始まりです。このままご利用になります
とほつれが増し毛足部分まで進むと高額な修理代金となってしまいます。
青森の遠方からのご依頼でしたので悪い部分はすべてお願いしたいというのがお客様の
ご希望でしたのでしっかりメンテナンスを行います。

Before:クリーニング・メンテナンス前

絨毯表面には目立った汚れや傷は見当たりませんでしたが、房の劣化が進み先が筆のよう
に細まりつまんで引っ張ると抜けてしまうほどでした。
この場合は房の交換を行いますが房の根元部分に1cmほどのキリム織りがありますが
これは房を交換する場合はカットしてなくなる仕上がりとなります。
房だけでなく左右の縁かがりの部分も経糸の白い糸がむき出しになっていますので、カット
して再度結びなおします。
絨毯クリーニングのチェックポイントを書きましたので5つのチェックは必ずしてください。
1)絨毯表面の汚れ
2)房の劣化状態
3)縁かがりロックの劣化
4)臭い
5)歪み

シルク絨毯の光沢が戻り鮮やかなクリーニング後の仕上がりとなりました。
赤いボーダーも白いフィールドも新しい絨毯のような復元です!
房の部分も太い白の房に交換してキリム部分はなくなりましたが、房の根元をチェーンの
ように編み込み高級感を出した仕上がりにしました。
この編み込み方は一番しっかりした房の結び方で、いくら踏みつけてもチェーンフリンジ
部分は耐久性抜群です。房の交換はm/¥18,000と少々お値段がかかりますが、この
部分を修理するかしないかで全体の仕上がり状態は際立って変わってきますので、房交換
をお考えのお客様にはお勧めいたします。
 

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

 
古いシルク絨毯の復元という事でクリーニング、房交換、縁かがりの修理までしつかり
行いました。お届け後は青森県のお客様よりお喜びのメールを頂いた次第です。
絨毯は一生ものです。ただ使いっぱなしではいけません。クリーニングは7年~10年
に一度行い、房の交換は房の先が筆のように細まり手でつまんで引っ張ると抜けるよう
でしたら必ず交換してください。縁かがりも同じく経糸の綿の糸が見えて糸が抜けるよ
うでしたら交換です。20年に一度は表面のシャーリングと少々お値段はしますが全体
の色付けをお勧めいたします。このような作業を行うことでオールド、アンティーク
絨毯と呼ばれるような素晴らしいペルシャ絨毯へと変わっていくでしょう。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼