実績のご紹介

徳島県 S様 ペルシャ絨毯 クム産 房交換

更新日:2017/2/28

ペルシャ絨毯 クム産のクリーニングと房交換のご紹介です。

 

徳島県からのご依頼ということで、こちらから梱包用具一式(無料)を送り、お客様が徳島県のご自宅より包装されて送られてきました。

ホームページをご覧いただきご注文いただきました。

受付時S様より房の劣化が目立ってきたと伺っていました。
お預かりし検品を行うとフサが根元までスリ切れ、もう少しで毛足部分が削れてしまう状態でした。

房は経糸の延長で作成されるため手織り絨毯の証明として作成されます。
しかし、一番大切な役目は絨毯本体であるパイル糸を留めておく絨毯な箇所です。

見た目のゴージャスさはもちろん。絨毯の価値としても損なわないためメンテナンスを含めたご提案をさせていただきました。

Before:クリーニング・メンテナンス前

ご使用から30年の絨毯ということもあり房の欠損が顕著に現れています。

一般的なクム産の房は5CM~7CM程の長さがあるものですのでお部屋の顔としてご使用頻度も高かったことでしょう。

しかし、パイル糸の欠損には至っていませんので絨毯の価値としてはベストな時期にお預かりができました。

メンテナンス職人よる卓越した技術をもとに房のメンテナンスを行っていきます。

ペルシャンギャラリーでは美術品級のメンテナンスとして房と絨毯本体の間にある赤色の布地(キリム)の作成が行えます。

今回は日常的な使用を目的を目的とするため完全復元はせずに一般的な作成を行っていきます。

作業後の写真です。

 

修復の跡が分からない程、綺麗に仕上がりました!

房の長さはもちろん白さも元通りですので房がくすんできたなと思った時が次回のシャンプークリーニング時期となります。

メンテナンスの指標としても使える万能な部分ですので房の交換を含めたメンテナンスご希望ありましたらお気軽にお問い合わせください。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

長年使用すると、房は擦り減って短くなってしまします。

擦り減りが毛足まで行ってしまうと、じゅうたんをカットしなくてはなりません。

そうなる前の早めの修復をお勧めします。

 

今回、徳島県からのご依頼ですが日本全国クリーニングメンテナンス対応をしています。

 

絨毯のクリーニングや絨毯修理、タペストリー加工まで絨毯に関してのご質問がございましたらペルシャンギャラリー青山本店までお気軽にお問合せください。ご連絡お待ちしております。

 

ペルシャンギャラリー青山本店 電話 03-5766-4688

 

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ■当社クリーニング工房外観
  • 工房写真

■ご連絡先
ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5468-8221
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼