実績のご紹介

宮城県 Y様 ペルシャ絨毯クム産 クリーニング 色滲み修理

更新日:2021/3/2

「玄関マット程度なら自分で水洗いをしても問題ないのでは」とご自宅で洗われてしまった方や洗浄を検討している方はいらっしゃいますか?

今回はお問合せの中でも多い「ペルシャ絨毯を自分で洗い色滲みができてしまった」といった内容のご依頼です。

ご依頼者様のY様から詳細をお聞きしました所、シャワーで洗った後に乾燥機を使用したらうまく乾かず色が滲んでしまったとの事。

絨毯と洋服は吸収する水分量は全く異なりますのでご家庭の乾燥機では脱水しきれず色が滲んでしまうのがほとんどです。

色滲みなどの汚れはクリーニング作業のみでは落ちない場合が多いため「滲み取り修理」にて修復を行っていきます。

Before:クリーニング・メンテナンス前

中心の色抜け、外側の紺色が内側へ靄がかかったような滲みができてしまっています。

また写真ではわかりにくいですが毛の向きが逆さになる「逆毛」が発生してました。

初めに全体を洗い、滲み部分は後から重点的に簡単に落ちるにじみを洗浄していきます。

逆毛は柄が浮いたような印象を与えますのでクリーニング作業も気をつけなければいけません。水洗いの際に向きを揃えましたが再度天日干しにて毛の向きを整えていきます。

完全に乾燥が終わった後に、絨毯の色目に一致させるよう天然の着色料を使用し、色付け職人の手で一本一本しっかり着色していきます。

滲みが元々なかったかのように消え、毛の流れも正常に戻りさらさらな感触になりました。細かな汚れも落ち本来のつやが蘇りました。

より一層高級感が増したように思います。

手織り絨毯をご自宅で洗浄すると高い確率で滲みや損傷といった原因になりますのでやめましょう。

絨毯はお客様の生活の一部となり思い出がある一品ですので弊社スタッフも限りなく元に修復できるようサポートさせて頂きます。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

「なぜクリーニングで水を使用しているのに色が滲まないのか」と疑問を抱く方がいらっしゃるかと思いますがこれは瞬間的に大量脱水をさせることができるペルシャ絨毯方式のクリーニングならではの技術力となります。

ご自宅で洗いますと十分に乾燥ができず滲みや損傷ができ、後々高額な修復費用が発生してしまいますので「そろそろ洗った方がいいかな」とお考えの際にはご自身で洗わず一度弊社のお問合せフォームにてご相談くださいませ。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ■当社クリーニング工房外観
  • 工房写真

■ご連絡先
ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5468-8221
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼