実績のご紹介

岐阜県 H様 中国シルク緞通のクリーニング

更新日:2018/9/18

この写真を見た方はペルシャのシルク絨毯と思われた方が多いと思いますが、実は中国産でペルシャ絨毯の伝統的な柄に似せて織った中国絨毯高段数シルクと呼ばれる絨毯です。ペルシャ絨毯と違うところは化学染料が使われているので日焼けに弱い所が欠点と言えましょう。また経糸の縒りがペルシャ絨毯のシルクと違うため、ペルシャ絨毯と中国絨毯の判断基準になります。この縒りの違いは専門家でないと判断が難しいかと思います。それではクリーニング作業に入ります。

Before:クリーニング・メンテナンス前

中国絨毯といってもペルシャシルクと織り込みの手順が同じですのでクリーニングの工程はペルシャ絨毯と変わりません。絨毯の汚れは表面だけでなく経糸、横糸などの組織糸にまで入りますので大量の水を使い絨毯を洗った後、ローラーと呼ばれる機械に挟んで組織糸の汚れを除去します。この時真っ黒な水が出ますので作業工程を見学されるとびっくりするかと思います。シルク絨毯を洗った後は平らな場所に置いて表面を乾燥させます。

いかがでしょうか?絨毯のベージュ部分のくすみもなくなりクリーニング後は、白く鮮やかになりました。少し日焼けがありましたので洗った後は色が薄くなっている場所もあります。この部分は色付けを行うことで以前の色使いの絨毯に復元ができます。

 

 

 

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

絨毯クリーニングはお使いになられる環境にも左右されますが、最低5年~10年に一度はメンテナンスをお勧めしています。また、房の交換は房の糸の先が筆のようにとがりだし短くなったら交換のサインです。房はパイル糸を留めておく大事な部分ですのでパイル糸がほつれだす前に早めの交換をお勧めいたします。

 

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ■当社クリーニング工房外観
  • 工房写真

■ご連絡先
ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5468-8221
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼