実績のご紹介

鹿児島県 I様 中国ウール緞通 クリーニング 房修理とシミ取り

更新日:2018/7/24

今回お預かりしました絨毯は、中国で伝統的に織られている絨毯。中国ウール緞通になります。この緞通には鳳凰(ほうおう)と呼ばれる幻の鳥が描かれた中国古典のデザインで20年ほど前に流行したデザインです。今回は遠方の鹿児島からのご依頼ですが、購入後30年一度もクリーニングをしていないとのことで房はもちろん絨毯表面がかなり汚れが目立ちます。
30年クリーニングを行っていない事も見た目からも清潔になるように作業させていただきました。

Before:クリーニング・メンテナンス前

緞通の裏表を大量の水を使って丁寧にブラシ掛けを行い汚れを落とした後、長年のご使用によりシャンプークリーニングでは落ちない染色ジミを時間をかけて染み抜き作業にて除去します。シミを抜くと日焼けや毛先の擦り減りによる色彩のバランスがバラバラでしたので損傷の少ないパイル糸裏側の背中の部分の色を手本に染色剤を調合。表面の色付けを行い、色彩のバランスを絨毯本来の鮮やかなものにします。絨毯全体が日焼けしていますのでこの作業だけで3週間の日数がかかります。房の部分は損傷がある為に根本からカットしてほつれないように縁をかがり縫いにて処理をしました。

ペルシャンギャラリーでは5年~10年に一度のクリーニングをお勧めしていますが、今回の物は30年洗ってない物でしたので見た目からも清潔になるように作業をさせていただきました。
シャンプークリーニング、染み抜き、色付け作業にてこの絨毯本来の色彩を取り戻し、これからのI様の人生の1ページを彩るのではないでしょうか。
また、房の部分の加工も気に入っていただいたようで、掃除機が掛けやすくなったと報告をいただきました。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

最近よくお問い合わせ頂く内容として、掃除ロボットが房を巻き込み擦れてしまった。掃除機の掛けやすい房の上手い加工方法はないか。との事です。
I様の絨毯に加工させていただいた房をカットして縁のかがり縫い加工をすることで見た目もキレイに見えますし、房が切れるという今後の心配もございません。このようなことでお悩みの方はメンテナンスされてはいかがっでしょうか?房交換よりも安価で見た目もおしゃれです。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ■当社クリーニング工房外観
  • 工房写真

■ご連絡先
ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5468-8221
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼