絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 見やすい料金表で安心。絨毯クリーニング

見やすい料金表で安心。絨毯クリーニング

ネットで絨毯クリーニング業者を選ぶときは、見やすい料金表があることがひとつの目安となります。絨毯の材質やタイプごと、平方メートル単位ごとに、わかりやすい料金体系がある業者を選ぶと良いでしょう。



手織り絨毯は一生ものと言われ、その多くが高価なものです。大切な絨毯をクリーニングするにあたり、信頼できる業者選びが重要になってきます。

絨毯クリーニングを実施するタイミングは、いつがいいのでしょうか?一般には、クリーニングは5年に一度、修復などのメンテナンスは10年に一度が目安とされています。また、ペットを飼っている方、小さなお子さんがいるご家庭では、このメンテナンス時期はもう少し早まると言われています。自身で手入れを行う場合、誤った手入れ方法で絨毯をダメにしてしまうケースも多くあります。やはりメンテナンスは、プロである業者に依頼する方が良いでしょう。

一般的な絨毯クリーニングは、専門の職人の手作業により、丁寧に水洗いされます。水を使って絨毯の繊維に染み付いた汚れを芯まで洗い流しいく、衛生的なクリーニング技法です。長年の使用で染み付いた頑固な汚れを除去し、絨毯がもつ本来の輝きや手触りを取り戻します。

水洗いによる絨毯クリーニング工程は、概ね次のようになります。まずは大量の水で絨毯を手作業で洗浄し、汚れを丁寧に洗い流していきます。洗い終わった絨毯はローラー機器で水分を取り除き、遠心分離器で脱水をかけます。絨毯の汚れを隅々まで除去したあとは、房の漂白を行い、従来の白さを取り戻します。その後は乾燥工程となります。風通しの良い屋外で乾燥させたのち、屋内の乾燥機で最終的な乾燥作業をします。仕上げはシャーリング作業となり、絨毯面の凹凸を丹念に手作業で整えていきます。最後は絨毯の隅々まで仕上がりがチェックされ、包装となります。



上記のように、絨毯クリーニングは業者を利用することを強くお勧めしますが、普段からのご家庭でのケアも大切です。自宅で簡単にできるケアといえば、掃除機がけです。コツを知っていると、絨毯の寿命を伸ばすことができます。

絨毯に掃除機をかけるときは、最低でも週に2回、最初は毛並みの方向へ、次は逆方向にかけることが理想です。毛並みの方向の確認は、撫でてみた時に絨毯の色合いが薄くなる方向が、毛並みの方向です。毛足の根本に空気を送るような感覚でかけると、よりホコリを吸い取ることができます。

普段からのケアを心がけ、ちゃんとしたメンテナンスは業者に依頼する。大切な絨毯を長く愛用するには、この二つの心がけが大切です。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼