絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 臭い絨毯の問題は絨毯クリーニングで対策

臭い絨毯の問題は絨毯クリーニングで対策

臭いを発する絨毯は、絨毯クリーニングが必要な状態で、一枚を丸ごと洗う必要があります。

表面の汚れだけであれば、絨毯が臭いを発する事はありませんが、絨毯クリーニングが必要な状態は、内部にその原因物質が溜まっています。

丸ごと洗える絨毯クリーニングは、水を使って洗浄を行うので、洗剤との相乗効果によってスッキリ清潔な状態を実現します。

汚れの種類によって、洗い方の対応方法は違いますが、水は多くの汚れに対して洗浄効果を発揮する事が出来ます。



臭いの原因の種類としては、人の汚れや繊維の埃、湿気によって吸着する様々な化学物質が絨毯内部に蓄積しています。

また、ダニの発生や雑菌の繁殖も起こるので、原因は多様かつ様々な要因が複雑に絡み合っているといえます。

対処法としては、絨毯専用のクリーニング剤を使って拭き取る方法もありますが、これでは表面の洗浄だけで臭いまでは取れません。

しかし、洗剤で丸洗いする事が出来れば、奥深くに潜む雑菌を含めて洗い流す事が可能になります。



絨毯クリーニングの対処法は、機械や手を使った入念な洗いに加えて、良く洗剤を落とし切る工程が加わります。

物理的なブラッシングは、毛の奥に入り込んだ汚れを掻き出すので、表面を撫でる洗い方とは全く異なります。

一方で洗剤を落とす事は、浮かび上がった汚れを水と一緒に流したり、臭い物質を繊維から引き離す目的で行われます。

クリーニングは、繊維に対して優しく洗う事、繊維内に潜む汚れ等だけを取り除く事は大切ですが、入念に洗剤を落とす事は全工程の中でも特に重要です。



絨毯クリーニングが仕上がった後は、使い方に気を付けるだけで、次のクリーニングまで清潔に使い続ける事が出来ます。

一つは、内部に埃を溜めない事で、強力な掃除機を使った日頃のお手入れが基本的な効果を発揮します。

埃は水や汚れと相性が良いので、これを溜めない事が清潔と快適性を実現する秘訣になります。

もう一つのポイントは、室内の空気を入れ替えて絨毯の空気も溜め続けない事です。



空気の流れがない絨毯は、ダニと雑菌が仲良く繁殖し易い環境で、叩けば中から臭いと共に飛び出す状況です。

厚みがある絨毯は、特に内部に空気を溜め込み易いので、一日数分でも窓を開けて空気を入れ替える事が必要です。

表面の汚れは、固く絞った雑巾がけを行ったり、必要に応じて洗浄剤を使った簡易なクリーニングが効果的です。

年に数回の絨毯クリーニングは、匂いを嗅いでも爽快な程に絨毯の状態を切り替えるので、日頃対処出来ない悩みの解消に役立ちます。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼