絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 自宅で絨毯クリーニングを行うには

自宅で絨毯クリーニングを行うには

絨毯は常に人が踏むところですし、その上で飲食もしたりします。そのために日々汚れが積み重なっています。清潔さを保つためには、絨毯クリーニングをしなければなりません。自宅で絨毯クリーニングするためにはどうしたらよいのでしょうか。洗剤などで絨毯の汚れを落とす必要がありますが、しかしその前に絨毯に付着しているゴミを取り除く必要があります。ですが、いきなり掃除機をかけただけでは十分にゴミを取り除くことはできません。掃除機を使う前に絨毯専用ブラシでブラッシングする必要があります。絨毯の根元から、ちょうど髪の毛をとかすような仕方でブラッシングしていきます。そうするならば内部にたまっていた汚れを表面にかき出すことができます。



その後、掃除機でしっかりとゴミを取るようにします。ゴミやホコリを除去することができたならば、洗剤を使って拭き掃除を行ないます。使用する洗剤は、中性洗剤が好ましいです。アルカリ洗剤の場合、洗浄力が強力であるために絨毯の色が落ちてしまうことがありますので注意が必要です。中性洗剤というと食器用洗剤がそれにあたります。ですから食器用洗剤をそのまま使うことができます。絨毯の主な汚れは皮脂です。はだしで歩いた時にじゅうたんに皮脂が付着します。皮脂は油ですので、皮脂を落とすには油用の洗剤を使う必要がありますが、食器用洗剤は油に対応した洗剤ですので十分に皮脂の汚れを落とすことができます。



使用方法としては洗剤を水が張ってあるバケツに洗剤を入れて希釈します。そして雑巾を固く絞って毛並みに沿って拭く作業を行います。それが終わったあと水抜き作業を行ないます。洗剤でじゅうたんを拭いただけでは洗剤が残ってしまいます。絨毯に残っている洗剤をしっかりと拭き取るために水拭きを行うようにします。しっかり行なう必要がありますが、あまりにゴシゴシと擦るならば毛を痛めてしまいますので注意が必要です。そして最後に乾燥させるようにします。窓を開けて乾燥させるようにいたしましょう。ですから絨毯クリーニングは晴れた日に行うのが良いです。



しかし、じゅうたんの汚れは自宅では落ちないこともあります。汚れが染みついていたり付着している場合には、無理に自宅で取らない方が賢明です。もし強力な洗剤を使って絨毯を掃除するならば、絨毯を傷めてしまい、絨毯を台無しにしてしまうことがあります。どうしても汚れを落としたいのであるならば業者に依頼することができます。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼