絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 自分で絨毯クリーニングをする方法

自分で絨毯クリーニングをする方法

おうちに絨毯があると、足音が響きにくくなる防音の効果があったり、フローリングの床と比べればホコリも舞い上がりにくくなるなどのうれいい効果がありますし、お部屋に絨毯のデザインで華やかさが加わったりクールさがアップしたりして、インテリアとしての役割も果たしてくれます。

しかし、やっぱりフローリングのようにかんたんに水拭きをすることもできないために自分で絨毯クリーニングをしづらいのがデメリットだと挙げるひともいます。



ですが、自分でもできる絨毯クリーニングの方法もあり、とても手軽なものには粘着性のテープを利用した方法があります。これなら日ごろから気軽に利用できて、気づいたときにコロコロと粘着お掃除グッズを転がしておけばある程度のゴミはとれるので清潔に保つことができます。しかしこういった粘着テープのおそうじグッズだと絨毯の奥のほうに入り込んだホコリやチリまではなかなか吸着することができません。

もっと奥まった部分にあるホコリやチリを自分で絨毯クリーニングするときには、掃除機のかけかた一つでその効果がかわってきます。まず、注意したいのが掃除機をかける方向ですが、絨毯の毛羽立ちとは逆の方向にむかってかけるようにして、ゆっくりと掃除機のヘッドを引くようにしてかけていくと効果的に絨毯の奥につまったチリなども取り除くことができます。

しかしおうちに小さいお子さんなどがいると、あやまって絨毯のうえにジュースやほかの飲み物などをこぼしてしまうことがあります。その場ではさっとふき取っておいても、時間がたってくると絨毯にシミとなってあらわれることもあって、やっぱりそのまま見過ごしておくことはできないという人は多いでしょう。

そんなシミに対して自分でできる絨毯クリーニングのうちいちばん安全なのは中性洗剤をつかった方法で、中性洗剤を溶かした水を含ませた布などで、シミがきになるところをトントンとたたくようにしてシミを抜いていくのが良いでしょう。



こうして自分で絨毯クリーニングをしてみても、完璧なまでに仕上げることはなかなか難しいときもあります。そんなときは、自分でよりも絨毯クリーニングをプロにおまかせするのもひとつの方法です。

最近では宅配クリーニングもあるので、おうちに居ながら申し込みも受け取りもすませてしまえるので、自分はおうちから一歩も出ずともきれいな絨毯になって帰ってきてくれるのがうれしいポイントです。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼