絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニング専門店のプロの洗い方

絨毯クリーニング専門店のプロの洗い方

絨毯クリーニングの専門店に絨毯を出したら、プロが責任をもった洗い方で対応してくれます。家庭内でのお手入れ方法としては、1日に1回を目安に、掃除機をかけて、絨毯の表面に付着した汚れを、軽く取るようにすることです。週に1回のお手入れとしては、掃除機を使用して、繊維の奥に落ちた汚れまで、しっかりと吸い取っておきます。月に1回のお手入れとしては、掃除用の洗剤を用意しての、軽いホームクリーニングをします。水溶性の汚れを、タオルに移し取ります。



絨毯クリーニング専門店に、クリーニングをお願いしたら、いくつかのクリーニング方法での対処が考えられます。絨毯のクリーニングの方法としては、一般的には3つのパターンが考えられます。手段としては、プロの手による水洗いをすることと、専用の洗剤を用いた洗い方と、ドライクリーニングといった方法もあります。本格的な専門店では、専門の職人がいて、水をメインで使用した、丸洗いをするといったクリーニングで、絨毯の美しさを蘇らせます。



自宅でも出来そうな方法として、水洗いもあります。床に絨毯を広げて、洗剤液を水で薄めてブラシ洗いをして、そのあと吊り干しで乾燥させます。幅の広い洗濯機があれば、洗濯機にお任せして洗浄し、脱水までまかせて物干し竿に干して乾かすといったやり方もできます。洗浄の効果としては大きいですが、自宅での洗濯機での洗浄は、絨毯が縮んだり、色が落ちるといった可能性もあるので要注意です。一緒にほかの衣類を洗濯機で洗うのは、控えることです。



自宅での絨毯のクリーニング方法として、シャンプー洗いもあります。パイルに洗剤の泡をつけ、基布までを濡らさないように、ブラシで洗っていきます。これはクリーニングに出してやると、回転ブラシのポリッシャーでブラッシングをすることになります。その場合、汚れを泡が吸着して、それをバキュームマシンによって吸い取っていきます。自宅でのセルフクリーニングでは、若干高度なレベルでもあります。



絨毯クリーニングは、やはり専門で絨毯のクリーニングしているお店へ出すのが、最も信頼が持てる方法となります。絨毯は重量がありますから、自分で手に持ってクリーニング店へ運び込むのは、大変な作業となります。そこで利用したいのは、絨毯クリーニングの専門店への集荷サービスです。全国的に絨毯クリーニングの受付をしている専門店もありますから、気軽に見積もりを依頼することができます。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼