絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングは使用する洗剤が重要

絨毯クリーニングは使用する洗剤が重要

伝統的なペルシャ絨毯など、手作業で作られた高級絨毯は、使い込むほどに踏み固められて目が詰まり、強度を増すと言われています。このような絨毯はまさに一生ものであり、年を重ねるほどに価値が高くなります。けれども使っているうちに、汚れが付着することは避けられません。汚れを放置しておくと変色したり虫食いの原因になったりします。美しい状態を何年も保つためには、やはり定期的な絨毯クリーニングを欠かすことができません。



近年では丸洗いできるカーペットなども普及しはじめていますが、一般には家庭で絨毯を水洗いするのは困難です。そこで絨毯クリーニングでは、まず掃除機で乾いたゴミを除去することになります。絨毯の汚れの大部分は泥や埃なので、徹底的に掃除機で吸い込むことが非常に重要です。表面的な汚れは粘着式のカーペットクリーナーでも取れますが、絨毯の毛が抜けたりして傷んでしまう可能性があるので、頻繁に使うのは勧められません。



本格的な絨毯クリーニングは、洗剤を使って繊維の間に溜まった汚れを落とします。しかし経験のない人が、適当な洗剤を使って洗おうとすると、せっかくの絨毯を傷めてしまったり、汚れを取るどころか逆に汚してしまうことがあります。洗剤を選ぶときには、まず絨毯に使われている繊維を見極めることが必要です。材質を示すタグが付いていれば簡単ですが、そうでない場合は繊維を少し取って燃やしてみると、ウールか化繊かが判定できます。



食べこぼしなどでシミができている場合には、専用の洗剤でシミ抜きをします。これも選択を間違えると、絨毯そのものの色が落ちてしまうことがあります。材質を考慮するとともに、シミの様子を見ながら丁寧に対処する必要があります。ペットやカビの臭いが染みついているときには、消臭作用のある洗剤を使用します。繊維を傷めずにシミを取ったり消臭したりできる成分も、現在では次々に開発されています。



絨毯クリーニングは、洗った後のことも考えておかないと十分とは言えません。ふっくらしていた毛がペシャンコになってしまったり、洗剤が繊維の隙間に残っていたりすると、絨毯の使用感が損なわれます。このような場合、一般にはスチームを当てたり、櫛で梳き起こしたりして対処します。またほつれや歪みが発生しているときは、手作業または専用の機械で修正する必要があります。このように絨毯クリーニングは、数々の手間とノウハウが要求される仕事といえます。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼