絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングの頻度について

絨毯クリーニングの頻度について

いつも敷いたままにしている絨毯は上でついコーヒーをこぼしてしまってしみがついたりお子さんがお漏らしをしたり、その都度拭くようにしてはいても完全にきれいにすることは難しいです。目に見えないダニやばい菌もついています。

その上で生活し、時には寝転がるのですから不衛生なままではいけないと分かってはいても自宅でできるのは雑巾で拭いたり、せいぜい干して太陽で殺菌消毒する程度です。大きなものなので洗ったりすることは無理でしょう。



そんなときには絨毯クリーニングに出しましょう。プロの技で目に見えない汚れまできれいに洗ってくれます。汗や皮脂による汚れや砂による磨耗によって絨毯は傷みます。それらの原因を取り除いてくれるので絨毯の寿命も延びるのです。



絨毯を使うのは冬場だけで夏は物置にしまっているという家がほとんどでしょうが、しまいこむことで更に傷みやすくなりますし、かさばるもののため置き場所に困るという方も多いでしょう。そのような時は絨毯クリーニング業者で保管しておいてもらうこともできます。邪魔にもならず最適環境で管理してもらえるし、冬になったらきれいな絨毯を使うことができるのです。



そうはいっても絨毯クリーニングを業者に頼むとそれなりのお金がかかるので頻度に悩むという方もいるでしょう。ただ汚れたら出そうというのはやめたほうがよいです。汚れが見えるようになった段階ではすでに汚れやしみが絨毯の内部で化学変化を起こしているため手遅れで、完全に除去することが難しくなっているのです。

頻度はそれぞれの家庭で違うでしょうが、定期的に行なうことが必要です。



家庭によっても違いますが、どこに絨毯が置かれているかでクリーニングに出す頻度は異なってきます。土足で多くの人が出入りする飲食店や施設などは回数を増やす必要がありますし、小さなお子さんがいたり保育施設だったりすると目に見えないばい菌でお子さんに何らかのトラブルが起こる前にクリーニングした方がよいでしょう。



クリーニングによって寿命は延びる一方で、初めて行なう場合はどうしても多少縮むので覚悟しておく必要はあります。できれば絨毯をクリーニングする専門の業者を探すようにしましょう。縮みが少しは抑えられます。知識のないクリーニング業者だと間違った方法でやってしまい、しみや汚れが落ちないばかりか逆に絨毯の寿命を縮めてしまう結果になる可能性も高いです。

インターネットでも調べられるのでよい業者選びをするとともに、必ず事前に見積りを取ることをお勧めします。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼