絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングの汚れは専門店へ

絨毯クリーニングの汚れは専門店へ

絨毯クリーニングの汚れは、自己判断での処理をして失敗するよりも、専門店へお願いしたほうが、汚れの除去もスムーズです。絨毯クリーニングの専門店へ出す前に、それでも自宅でクリーンのチャレンジをするのであれば、ポイントをおさえてトライすることもできます。しかし、絨毯のクリーニングはセルフでするのは、案外難しいということを知っておくことです。自分では抜かりなく汚れのオフをしたつもりが、やってみたら余計広がってしまうこともあるのです。



もしも絨毯を汚くしてしまった場合は、すぐに対処をしたほうが、染み付く前の段階で防ぐこともできます。水溶性であれば、乾いたいらない布とか、ティッシュなどを使用して吸い取りましょう。キッチンで使用するようなバターやマーガリンが落ちた場合は、フォークなどを使って取り除きましょう。ベンジンや洗剤なども、使用料が多いと、シミ等になりやすいです。ベンジン使用時は大量ではなく、少量での使用が望ましいです。洗剤使用は、水で薄くします。



何かを絨毯へこぼした時には、誤ってそれ以上広げないようにします。周辺から真ん中へ向かい、シミ等を抜くようにすることです。それ以上、周りに広げないことです。しよう現金なのは、消毒剤や漂白剤といた強力なものです。食器や衣類に使用したとしても、絨毯への使用は控えるべきです。絨毯へ直接使用したら、変色が起きることが考えられますし、余計見た目が汚く見えることがあります。自己判断で、漂白剤などを使わないように気をつけることです。



ポイントを抑えながらキレイにしたら、後には洗剤や水分を残さないようにします。キレイな雑巾に清潔な水を加えて、固く絞ります。それを使い、洗剤などを残さず拭き取ります。絨毯に洗剤や水分が残ったままになると、時間とともにカビが発生してきます。特に換気が悪い部屋だとか、通気が悪い場所などは、知らない間にカビが発生していて、気がついたときには、絨毯が怪しい色になっていた、といったパターンも考えられるので、気をつけることです。



セルフでの緊急対処をして、そのあとには絨毯クリーニングの専門店で、クリーニングをお願いするのが安心です。特に高級な良い絨毯ともなると、プロの手での丁寧なクリーニングをしておくことで、この先も長く使用することができるようにもなります。今ではインターネットで依頼をして、宅配便を使ってのクリーニングサービスもあるので、気楽に依頼ができます。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼