絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングのプロと家庭の違い

絨毯クリーニングのプロと家庭の違い

絨毯クリーニングをするにあたり、プロのクリーニングの業者と、家庭でのクリーニングでは、どのような違いがあるのでしょう。家庭で行うクリーニングは、比較的簡単にできるものであり、誤った方法でダメージを与えてしまうこともあります。クリーニングの専門店になると、絨毯クリーニングの経験を重ねた熟練の職人がいて、プロの技を持って曲ガンまで絨毯の美しさを蘇らせることに徹することです。絨毯クリーニングの専門には、卓球した技術があります。



ホームクリーニングで絨毯を洗う場合は、洗剤と水をつけて洗うか、サイズがコンパクトなら洗濯機で回すこともあります。手洗いした場合は、そのあとの持ち上げたり、干したりする作業でギブアップしたくなるパターンです。水分を十分に含んだ絨毯は、想像以上に重いためです。しかも苦労して干したとしても、気温が低い季節や時間帯であれば、簡単には乾いてくれません。洗濯機洗いをしたとしても、手洗い同様に糸がほつれたり、色落ちもよくあることです。



しかし絨毯クリーニングに特化した、専門店はクリーニング方法からして違います。担当するのは、なんでもクリーニングする、識別もあまりできない選択マシンではなく、職人が担当して絨毯を美しく洗います。絨毯を水洗いしてはいけないと思い込んでいる人もいますが、本物のプロの業者では、まるごとの水洗いが基本です。本物のプロは使用する洗剤にまでこだわり、天然成分配合の洗剤で、人にも環境にも優しいクリーニングを、絨毯でも行っています。



プロの業者にしてみれば、絨毯の持つ構造であったり、特性を熟知している専門の職人は、水洗いをするクリーニングが最適であることを知っています。自然の恵みを見方にしている、天然の成分を配合した洗剤を使用して、十分な水分も惜しみなく、クリーニングをする時には使用します。最後の清潔な水での、すすぎという汚れ落としも十分にするため、残留洗剤の心配もありませんから、安全で安心な絨毯のクリーニングをすることができます。



絨毯を家庭で洗う時には、丸洗いはしないで、合成洗剤で汚れのついた部分だけをブラッシングするといった方法もとられます。ですが、水で洗い流さない文、液の汚れが残ってしまったり、合成洗剤の成分も残りがちです。これらは、アトピーなどの原因にもなりやすいです。肌のためにも、成分を残さない洗い方は大切です。費用は若干はったとしても、定期的なプロの業者への、絨毯クリーニングは大切なことです。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼