絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングと畳について

絨毯クリーニングと畳について

絨毯クリーニングをクリーニング業者へ依頼するときには、何畳分かといった数字で金額が出されるパターンがあります。普通のシャツや衣類とは異なり、絨毯はサイズもありますし、素材にも違いがあります。絨毯クリーニングを依頼するときには、最初に大まかな見積もりを計算してくれる、専門のクリーニング店を利用すると安心です。何畳分の大きさで、それに金額をかけていくにしても、自己判断で間違えた計算をしては、あとで思っていたより料金がかかったということにもなりがちです。専門のクリーニング店だと、最初にキチンと見積もりを出すので、料金も安心です。



絨毯クリーニングは、サイズによっても金額は変わってきますし、素材によっても費用は異なります。ウール素材は汚れにくい利点を持ち、汚れを落としやすいといった面も併せ持っています。吸湿性や吸音性、染色性やクッション性にも優れています。難燃性や保湿性にも優秀という性能があり、木綿と同じくらいの消費量を誇ります。カビや虫に対しては弱いため、防虫加工をしてある絨毯がほとんどです。毛玉については、ウールの種類によって異なります。



引っ張りの強度が強めであり、強度が水に濡れても変わらないのがナイロン素材です。虫害やカビ、薬品や油類などの外も、簡単には受けることがありません。摩擦強度や屈曲弾性に関しても優れています。そんな耐久力を持っているので、業務用といった用途をメインとして使われています。強いナイロン素材ですが、静電気が発生しやすくて、紡績糸だと毛玉ができやすいです。白色の場合は、紫外線に当たって、黄色く変化しやすいのも難点です。



ナイロンと同じように強度に恵まれているのは、ポリプロピレンの素材であり、繊維の中でもトップクラスの軽さがあります。化学薬品に対して強いですし、使用してもカビに強い面もあります。ですが熱には弱くて、弾力性には乏しい弱点もあります。形態の安定性には優秀なポリエステルは、摩擦に強いです。薬品にも強いですから、虫やカビにも侵されにくいです。吸湿性は低いので、乾燥させても早いです。



絨毯クリーニングは、こういった特徴も踏まえて、金額には差が出てきます。これにサイズをかけ合わせて、最終的な金額が出ていくわけですが、金額がわかりにくいという点も否めません。何畳分のサイズかを測って、正確な金額を出してもらうためには、最初に専門のクリーニング店への見積もりをするのが良い方法です。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼