絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングと猫について

絨毯クリーニングと猫について

自宅でかわいいペットを飼っていると、どうしても絨毯には、臭いや汚れもつきやすくなります。特に猫は、家の中で飼うことが多い動物です。絨毯の上でゴロゴロするのも好きですし、季節の変わり目には、毛も抜け落ちます。ときには粗相をしてしまい、動物の尿などの匂いが、いつまでも残る可能性もあります。直ぐに拭き取ったとしても、後までニオイが残りがちです。そういった時にも、プロの絨毯クリーニング専門店が役に立ちます。



絨毯クリーニングでは、ペットの猫などのニオイについても対応してくれます。絨毯クリーニングの専門店に任せれば、プロの技術と水洗いによって、消臭効果のある洗剤を用いて、丁寧に洗ってもらうことができます。繊維に中にしっかりと染み付いたニオイも、しっかりと消し去ります。できるだけ、早い段階で依頼をするほうがいいです。シミ取りをして、水洗いをして色修正の復元といった流れですから、ある程度の時間が必要となります。



猫は爪とぎなどもしてしまう生きものです。可愛いのですが、絨毯に傷が付いたり穴があいたりすると、人間の心理的なダメージが加わります。そんな諦めかけていた絨毯も、専門の絨毯クリーニングのお店に依頼をすれば、あきらめる必要はなくなります。絨毯にとってもダメージではありますが、時間をかけて修理をしていくことは不可能ではありません。傷の部位の糸を取り除いてから、新しい糸を使って縫込みの作業をすれば、時間はかかっても復活の期待はあります。



高級で繊細な絨毯であるほどに、織工も細かくなりますし、糸の結びも強くなります。織りあがったばかりの絨毯というのは、裏にしてみると、左右の部分に反り返しを防止するための、革ベルトが縫い込まれます。高級品は、織り上がりの時点から、丁寧で細かい作業が行われているのです。ですがこのベルトについても、長いあいだ使用していれば、縮みもでてきてきます。劣化や変形で破けることもあるので、クリーニングと一緒に交換するのもひとつです。



絨毯が手織りのタイプであれば、房の糸も付いているものです。絨毯を織り込む作業をする過程において経糸であり、出来上がりの状態では美しく整えられます。ですが実際に生活の中で使用を始めると、足で踏まれますし、掃除機をかけて吸引すれば、だんだんとすり減っていきます。絨毯クリーニングの専門店では、こういった房の修理にも対応しているため、相談をしてみるのもよいでしょう。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼