絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングと洗剤を使う方法

絨毯クリーニングと洗剤を使う方法

絨毯クリーニングには、いくつかの方法があります。自宅で絨毯をキレイにするのであれば、まずは手軽な掃除機を使う方法です。掃除機をかけるといっても、コツを抑えることで、クリーン状況は向上します。絨毯には掃除機を一方方向にかけるのではなく、クロスさせて掃除をします。縦に掃除機をかけたら、横にも掃除機を動かしてかけます。絨毯でも毛が長いタイプの場合は、汚れが奥まで入り込んでいることが考えられます。コツは、ゆっくりとかけることです。



自宅での絨毯クリーニングとして、洗剤を使用する方法もあります。掃除機のような手軽さはありませんが、絨毯の汚れハードなときには、こちらのほうがパワーは強力です。バケツに水と洗剤を入れてうすめたら、清潔な雑巾を浸して固く絞ります。絨毯を吹いていきますが、このときに円を描くように吹くのもポイントです。汚れが雑巾に付いていきます。このあとで、キレイな水を用意して、全体的に水ぶきをしっかりと行います。そのあとで、乾拭きもします。



絨毯クリーニングの専門店ともなると、洗剤にもこだわりを持っています。ただキレイにするだけではなく、クリーニングの後、人が絨毯に触れても安心な成分を使用する専門店もあります。成分には環境破壊につながるものではなく、大豆をメイン成分としたものを使用するといった、環境にも優しい取り組みをするクリーニング店もあります。衛生的でもありますし、子供などにも優しいクリーニングをしているショップもあるので、探してみるのも一つです。



絨毯のクリーニングに、自宅であれば、重曹を使用した方法もあります。重曹は、ラグやカーペットにも使用できますから、あると便利な掃除アイテムでもあります。重曹といえばもはや、家庭内の掃除には大活躍できる定番となっています。やり方は簡単で、まずは絨毯に重曹をふりかけます。手にはゴム手袋をして、絨毯を全体的に擦ります。最後に掃除機で吸いとるだけという手軽さです。絨毯の汚れは、面白いくらいに重曹に付着しますから、掃除機がけで完了です。



絨毯クリーニングを自宅で、もっと手軽にトライするなら、手にゴム手袋をはめて、カーペットの上をこするという手段もあります。この時絨毯には、何も付けないです。それでもゴム手袋使用で、多くのゴミや汚れが取れますから、テレビを見ながらでもできます。本格的にキレイを目指すのであれば、絨毯クリーニングの専門ショップへ出すのが1番です。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼