絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 絨毯クリーニングで臭いもなく清潔に

絨毯クリーニングで臭いもなく清潔に



インテリアとしても防音としても大事な絨毯



インテリアとして部屋の中に敷く絨毯は、重要だと思われる方も多いでしょう。

もちろん、色鮮やかなものを選べば、部屋のアクセントにもなってくれるのですが、実はインテリアとしてだけではなく防音の効果もあるのです。絨毯を敷くことで、下の部屋に生活音を伝えないようにできるのです。密度が高ければ高いほど、吸音性も高くなり音による隣人トラブルを避けることができるようになるでしょう。

大きな面積を占めることになる絨毯は、視覚的効果を考えると、部屋の印象を左右することができるインテリアです。コンセプトとしても大きな意味を持つものですし、空間を分ける効果も期待することができるでしょう。リビングとダイニングスペースを分けるのにも、絨毯ひとつあれば自然とすみわけができるようになっていきます。

覚えておいて欲しいことは、部屋の暖房にも力を貸すということです。床から伝わる冷気を遮断し、保温効果を高めることができます。冬場には想像よりも大きな効果を発揮してくれるでしょう。さらに、床を傷つけずに済むという点も重要です。

フローリングの床も、家具を引きずるだけで傷をつけてしまう場合があります。特に賃貸の場合は、これが大きな問題になることもあるでしょう。

新築であれば、なおさら傷などつけたくないはずです。そんな問題にも、絨毯ひとつあれば対応できます。

絨毯はこれだけ高い機能を持っていますが、使ううちに汚れてしまうのがネックです。

掃除機をかけたりしていたとしても、パイルの中などに入ってしまった汚れは簡単に取り除くことができません。当然、何かをこぼして汚したりすれば、それをふき取ったとしても完全に取り除くことは不可能です。そこで重要なのは絨毯クリーニングです。



絨毯の汚れは見えないだけ



なぜクリーニングが必要なのか、その理由は絨毯は想像以上に掃除がしにくいということです。床であれば、ごみがあれば拾うことができますし、汚れれば、簡単に汚れを落とすことができるでしょう。しかしながら、絨毯には汚れを認識しにくいという問題があります。ごみが絨毯の中に入ってしまえば気づきにくくなり、そこまで取り除くことができなくなるのです。はっきりと汚れがわかればいいのですが、液体がしみこんだものなどは表面の汚れしかとれていません。

汚れを目立たないようにしているという問題もあります。絨毯は、長い間敷きっぱなしにすることがほとんどですので、あまり汚れを目立たないように工夫してあります。カビが生えにくくしてあったり、ダニが出にくくしてあったりはするのですが、このような長所が汚れを助長しているのです。こうした悪循環があるからこそ、定期的に絨毯クリーニングをして清潔にしておく必要があります。

こまめに掃除機をかけることも必要です。これだけでもかなりの汚れを取り除くことができるようにはなります。それでも、2割以上の汚れが残るので、常に清潔とはいいがたいのが絨毯なのです。大半の汚れは、生活上発生する髪の毛や剥がれ落ちた皮膚、食事のカスや土埃などの乾燥した汚れがほとんどです。こうした汚れをこまめに掃除機をかけることで取り除きつつ、絨毯クリーニングによって、さらにきれいな状態を保つことができ、長く使うことが可能になります。



保管してあった絨毯も水洗いで清潔に



絨毯クリーニングの方法にはいろいろありますが、その中でも丁寧に水洗いする方法が一番効果的です。

汚れを水で流し、ひとつひとつ丁寧に洗っていくことで清潔にすることができます。しようと思えば自分でもできるかもしれませんが、絨毯のように大きなものを自宅で洗うのは骨が折れますので、専門の店にお願いするのが良いでしょう。特に高価なペルシャ絨毯などの場合、どんな作りになっているかということや、メンテナンス方法など自分ではわからないことも多いでしょう。ですので、やはりこういった点を熟知した専門のスタッフがいるお店に頼むことをおすすめします。

高価な絨毯の場合、どんな洗剤を使うのかということも大切です。強力な洗剤を使えば、きれいに汚れが落ちるかもしれませんが、生地が傷んでしまうことがあります。しかし、表面をこするだけでは、汚れを取り除くことはできません。絨毯クリーニングでは丁寧に手間をかけて洗うことが重要なのです。ですので、修理やメンテナンスということも含めて行ってくれる店に頼むとなお良いでしょう。

また、今使っているものだけではなく、使わずに保存しておいたものにも絨毯クリーニングをしたほうが良いでしょう。絨毯は保管しておくだけでもほこりがつきますし、ダニなどの温床になることがあります。どんなにきれいに保存しておいたとしても、これは避けることができないことです。広げて使い始める前に、クリーニングを行っておけば安心です。

そうすることで繊維特有の臭いもとることができますし、保存している間についてしまうかび臭さを除去することもできます。こうした臭いは、ドライクリーニングでは決して落とすことができません。できるだけ大量の水を使い、洗い流すことが重要なのです。汚くなってしまった絨毯は、きれいにクリーニングしてあげれば、また長く使うことができます。見えない汚れがついたままにしていると、劣化も早まっていってしまいますので、定期的に専門の店に絨毯クリーニングを頼むことを心掛けましょう。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼