絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 専門店と家庭の絨毯クリーニング方法比較

専門店と家庭の絨毯クリーニング方法比較

家庭の汚れは、日頃の掃除や洗濯で対応しますが、洗うのが困難な備品は後回しにされがちです。

特に厚くて丈夫な素材の絨毯クリーニングは、家庭用の洗濯機で洗うのは大変困難です。

プロの絨毯クリーニング、特に専門店の洗浄サービスなら、預けるだけで綺麗に仕上がるのはメリットです。

小さいサイズなら、自宅でも絨毯クリーニングを行う方法は有りますが、洗濯後の乾燥に問題は生じます。



染み付いた汚れを取り除くには、水で絨毯クリーニングする必要が有りますし、洗剤で包み込む様に洗うのは良い方法です。

洗剤を使用した絨毯クリーニングは、濯ぎ作業を最低でも2回程度行い、脱水後自然乾燥させるのが一般的です。

機械を使った方法は有りますが、強制的なやり方は繊維が縮れ易く、寸法の変化が生じてしまいます。

つまり、乾燥は自然に時間を掛けた方が、絨毯の繊維を傷ませる原因は無くなります。



洗えるサイズが限られている事や、洗浄後に手間と時間が掛かる点は、家庭で洗濯を行う際に発覚する難点です。

一方、専門店が引き受ける絨毯クリーニングなら、通常はサイズの制限が一切有りませんし、扱いが困難な重量品も任せられます。

また、家庭用の洗剤だけではなく、最適な洗浄剤を用いて対応しますから、洗う時に発生する傷みの心配は無用です。

乾燥時の保管場所は、最適な温度に保たれ、極端な低湿度を避けているので、傷みの原因を作らない配慮が行われます。



大量に洗濯物が発生して、家庭用の設備でまとめて洗ったり、機械を使わない方法に限界が生じている時は、専門店に任せてしまえば後が簡単です。

これは、オフィスで発生する、備品のお手入れにも対応する方法で、最も現実的で解決が容易な選択です。

室内から運び出す際に、丸めたり梱包を行う必要は有りますが、宅配業者は電話一本で集荷に訪れるので、持ち出す手間は最小限で済みます。

梱包で癖が付いたり、シワの発生に不安がある場合は、専門店に問い合わせを行えば、最善の方法とアドバイスが受けられます。



特定の商品を専門的に取り扱い、クリーニングに特化した存在は、一つのサービス全体に配慮が行き届いています。

問い合わせや見積りを済ませ、正式に発注した時点で集荷の手配が自動的に行われたり、梱包資材の提供を進める業者が存在します。

詳細な費用の見積りは、絨毯が到着した後に行われ、実物を見てから正しい金額が算出されるので安心です。

作業前に傷みが散見される場合は、修繕サービスの選択が用意され、選んだ時は費用に含めて貰えます。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼