絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > ペルシャ絨毯クリーニングとその方法

ペルシャ絨毯クリーニングとその方法

自宅の床を美しく彩る、ペルシャ絨毯。その高級さで多くの方々に知られており、憧れとなっている事も多くあります。そんな絨毯ですが、高級さのために絨毯クリーニングへ出すことを心配される場合もあるでしょう。ペルシャの材質や特徴を理解することで、安心して絨毯クリーニングを利用できるようになったら幸いと思います。

まず、ペルシャ絨毯の本物と偽物についてです。市場に出回っているものには模造品が多く、中国製のクム産、ナイン産、イスファン産等のものは、模造品になります。本物と比べて手触りが固く、材質にも化学繊維等が使われていることも多々あります。中国製の他、インドやパキスタンからも模造品が作られ、安価で販売されていることが多いです。比べて本物は、ペルシャ絨毯発祥の地イランで作られるもので、織りが細かく図案が緻密、色彩の美しさなどが感じられます。

そんな高級絨毯ですから、お手入れも難しく複雑になります。お醤油やコーヒーなどシミを作りやすい液体をこぼしてシミを作ってしまった場合は、専門の絨毯クリーニングへ任せることにしましょう。プロの技で手入れをする事により、より長く快適に使い続ける事ができます。

プロの業者では、一般的に大量の水と特別な洗剤を使った丸洗いが行われます。自宅では、この作業を行うことでも困難でしょう。長年使用し続けることでたまったホコリや汚れを洗い流すことで、絨毯の光沢が再び戻ります。絨毯にシミが付いてしまっている場合、専門の業者が手作業で落としてくれるケースもあります。また、汚れが付いてから時間が経つほど作業にも時間を要しますので、早めに絨毯クリーニングを利用することも視野に入れましょう。業者によっては、日焼けや歪みに対応しているところも多くあります。日本の気候では絨毯が歪みやすく、わずか数年で歪んでしまうこともあります。専用の機械で引っ張るように加工をすることで、歪みを修復することができます。

以上の事を考えて絨毯を使用することで、ペルシャの持つ魅力を長い間引き出し続けることができます。定期的なメンテナンスは、3~5年に一度のクリーニングで良いと言われますが、汚れの状況などに応じて臨機応変に対応しましょう。フリンジのすり減りが見えてきた時がクリーニングのタイミング、と言われることもあります、自宅のペルシャ絨毯の状態を上手く見極め、タイミングよく絨毯クリーニングをする事が大切になります。

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼