実績のご紹介

山口県 U様 中国緞通 絨毯クリーニング シミ取り 色付け

更新日:2018/1/12

中国ウール美術柄緞通のクリーニングとシミ取り作業のご説明になります。
こちらの緞通は大量生産された簡単なデザインの緞通ではなく、35年前後前に現地の
織工にオーダーされた美術柄の緞通です。
従来の緞通は牡丹や龍、鳳凰などが描かれ、左右上下対称の中心柄の緞通が多く生産され
ていました。
写真の緞通は山口から送られてきた絨毯で、亀甲柄と梅の花を描いた見事な絨毯でした。
クリーニングはお買い求めから一度もされていないとのことでしたので、絨毯の表面には
汚れはもちろんシミがたくさんついていましたので、クリーニングとシミ取り、色付けを
行います。

Before:クリーニング・メンテナンス前

中国緞通の染料は化学染料が使われていますので、長年使用しますと日の当たらない場所
でも絨毯の表面が日に焼けてしまいます。
写真の緞通の表面には茶色く汚れが全体についていて、その下には日焼けした糸がありま
す。水洗いクリーニングは汚れをしっかり取りますので汚れが取れますと日焼けした糸が
現れますので、クリーニング後は若干色が薄くなる場合があります。これをクリーニング
で染料が落ちてしまったと誤解されるお客様が多いですが、緞通のクリーニングでは、染
料が落ちることはございません。
この薄くなった色を元に戻す場合は絨毯の表面の色付け作業を行います。
職人が時間をかけて絨毯の表面を筆で色を付けて仕上げます。

絨毯クリーニングだけでは落とせないシミを取った後、色付けによって綺麗な緞通に復元
となりました。クリーニング前と比べると絨毯の汚れが取れ明るい色の絨毯に変わったの
がわかると思います。
この様な絨毯が日焼けしているかの確認方法は、絨毯を裏返した裏面は日焼けがない状態
ですので表と裏が極端に色が違った場合は日焼けを疑った方いいです。
この色付け作業には3週間~4週間の日数と料金がかかりますが、お値段以上の仕上がり
を保証いたします。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

山口の和風の数寄屋造りの素晴らしい豪邸のお客様からのご依頼で、仕上がりをご覧にな
ったお客様からは感謝のメールが届きました。
このようなメールを頂きますとクリーニングメンテナンスを行ったスタッフ一同、感謝の
気持ちでいっぱいです。
この緞通のような絨毯は現在中国では生産がない状態です。古いから処分しようとお考え
のお客様がおりましたらお気軽にご相談ください。
ご連絡お待ちしています。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼