実績のご紹介

宮城県 W様 トルコヘレケ絨毯のクリーニング

更新日:2018/5/3

トルコのヘレケ絨毯はイスタンブールから南に30km離れた漁師町の絨毯です。マルマラ海に面したこの町では船での漁が盛んで、もともと網すき達は細かな作業になれていましたので網を修理する感覚で絨毯を織り始めたのがトルコヘレケ絨毯の始まりとなります。絨毯の生産が盛んになるとヘレケの町では絨毯を織り上げる学校が設立されギネスブックに載った程の緻密な織りのヘレケ絨毯もここで作られました。宮城県の仙台市のお客様から依頼を受けたトルコヘレケのクリーニングメンテナスをご紹介いたします。

Before:クリーニング・メンテナンス前

こちらの絨毯はトルコヘレケ絨毯12×12プロダクションクオリティーです。このヘレケ絨毯の1センチメートル縦に12の結びと横に12の結びからこのような打ち込みの表現となります。デザインのクオリティはプロダクションクオリティと言って従来、量産で織り上げられるバザールクオリティーよりもランクが良い工房で生産されるハイクラスなヘレケ絨毯になります。バザールクオリティーを織る織工たちはは織機を自宅に持ち込み農繁期以外の閑散期にこの絨毯を織り上げますので少々織ムラや織ミスがあります。これとは逆にプロダクションクオリティは熟練された織工が工房に出向き織り上げますので織ミスもない高レベルなヘレケ絨毯に織り上げられます。

 

クリーニング後の写真です。絨毯を洗う前とは光沢が戻り一つ一つの柄がはっきりとわかるようになります。房の部分も本来の白さを取り戻し綺麗な仕上がりです。シルク絨毯の経糸はお買い求めいただいた時は真っ白ですが長年ご利用になりますと若干黄色く変色してきますが、これも古い絨毯の特徴としてご利用いただければと思います。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

トルコヘレケ絨毯は世界的に織りの緻密な産地として有名になりました。近年ではトルコの産業の景気の上昇により織工たちは海産物の缶詰工場などの高賃金な働き場所に変わり、織工の人口は年々減少傾向にあります。最近はトルコヘレケ絨毯に真似たシルク絨毯を中国で織り上げ、最終第三工程をトルコで行うことで交際法ではメードイン・ターキー(トルコ)として販売されているのが現状です。トルコの観光に行かれますと必ず絨毯工場見学に連れていかれて絨毯を購入される日本人の観光客の方々はくれぐれも中国シルク絨毯を買わせられないようにご注意いただきたいものです。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼