実績のご紹介

大分県 Y様 ギャッベ のクリーニング

更新日:2018/4/24

ふかふかで厚みのあるギャッベの絨毯クリーニングを行います。
このギャッベの作り方は、絨毯全体を無地の生成りの絨毯で織り上げて、デザインの部分の
柄部分を後ろから糸を抜き、鹿や木を後から織り込む仕上げの絨毯です。
なぜこのような織り方をすること申しますと、ギャッベ絨毯は世界中で販売されておりますが
一番大きなマーケットはドイツの市場です。このヨーロッパを含むドイツの市場は世界の45%
となります。このドイツの魚屋さんに行くとわかりますが、日本では魚のお頭を付けて販売
していますがドイツの魚屋さんでは魚などの目が怖いので必ずお頭を取って販売しているほどです。
ギャッベ絨毯も同じで鹿などは描かず、絨毯にグラデーションを施した絨毯がほとんどです。
多くのギャッベはヨーロッパ輸出向けに生産されますので無地のギャッベが多く作られます。
ただ、日本のマーケットは鹿や木を入れた可愛いデザインに人気がありますのでこのように
後ろから後織りのギャッベが生産されているわけです。

Before:クリーニング・メンテナンス前

とてもきれいにご利用いただいているギャッベの一つだと思います。
目立った汚れもなく、若干表面が黄色くなった程度でした。
この様な染色していないギャッベはムートンと同じで最初は白いのですが長い間
ご利用になると経年劣化により少し黄色くなります。
これはウール特有のものですので傷んだとか汚れたという事ではありませんので通常通りご使用になっても心配ありません。

クリーニング後のギャッベは毛先が柔らかくなりますので肌触りはふかふかな仕上がりです。
汚れていた経糸の汚れも綺麗になり新しい玄関マットへ戻りました。

衛生上も心配いりませんので洗った後のマットは玄関だけでなくフォロアーマットやベットサイドの敷物としてお使いいただいてみてはいかがでしょうか?
お部屋のインテリアのイメージチェンジの一枚として大切にお使いください。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

ギャッベクリーニングは大分県からのお客様のご依頼でしたが、日本全国でも比較的九州エリアのお客様は虫食いによるメンテナンスのご依頼が多いです。
シルク絨毯は虫食いは心配ありませんが、ウール絨毯は特に高級な柔らかいウールを使われて絨毯にはご注意が必要です。
2~3年に一度のこまめなクリーニングを行うか、オプションとして㎡/¥2,000で防虫仕上げができますのでお勧めです。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼