実績のご紹介

秋田県 G様 アフガニスタン絨毯 絨毯クリーニング

更新日:2018/1/9

アフガニスタン絨毯は秋田県のG様からのクリーニングのご注文です
このアフガニスタン絨毯はバラをモチーフにした鮮やかな赤色と、幾何学模様を用いたデ
ザインが特徴でした。こちらの絨毯は外国人や絨毯商のニーズに合わせ、華やかで目を引
くデザインで織られています。
経糸にウールが使用されていますのでとても丈夫で長持ちする絨毯でもあります。
通常経糸の素材はシルク、またはウール、綿などが使われていまして一番弱いのは綿、次
がシルク、一番丈夫なのはウールを使用した経糸です。綿は湿気に弱くカビなどを含むと
劣化が進み切れてしまいます。シルクも同じで糸の毛先が筆のように細くなりだしたら劣
化が進んでいる証拠です。
絨毯の経糸は人間に例えると背骨と同じですのでこの部分が丈夫でないと敷物自体がバラ
バラにほどけてしまうものです。

Before:クリーニング・メンテナンス前

写真ではわかりづらいですがフィールドの白い部分の右側には長年使われて付いた汚れが
ありました。そしてボーダーと呼ばれる額縁のようになった絨毯の周り部分は少々のにじ
みが現れています。絨毯の表面の糸はウールが使われていますが非常に丈夫な糸でしたの
で少々強めに洗っても大丈夫でしたので3回ほどクリーニングを繰り返し、絨毯の波うち
や歪みを伸ばす作業を行います。
表面に足の皮脂やホコリが付着し乗っているため、絨毯中央の白・赤・緑のコントラスト
がぼやけてしまっています。同時に、これから水洗いを手作業で行い余分な脂・ホコリ汚
れを落としていきます。

クリーニング後の全体の色の鮮やかさを見てください。白いフィールド部分、赤や茶色の
額縁のボーダー部分、房を含めた色が鮮やかによみがえっています。
アフガニスタンの絨毯は色が濃い羊の原毛で織り上げることがありますが、写真の絨毯は
白いメリノーが多く使われていました。
デザインも個性的なバラをモチーフにしてユニークな絨毯と言えるでしょう。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

秋田県のからのクリーニングの依頼でクリーニング前は汚れと歪みが心配されましたが
作業後のストレッチ作業で絨毯を引っ張り左右の長さを調整させていただきました。
ストレッチが済むと裏側にのりを吹きかけてサイズを固定させるのですが、イランの
安い絨毯はこののりを羊の骨を砕き鍋に入れ煮込んだたんぱく質ののりですので、
少しに臭いが出る場合があります。今回の作業にはこのような粗悪なのりを使用してい
ませんので臭いもなくストレッチが長く持続することでしょう。

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼