実績のご紹介

東京都 H様 アフガニスタン絨毯 房交換 クリーニング

更新日:2017/3/9

東京都港区西麻布のH様からアフガニスタン絨毯のクリーニングと経糸のフサ交換のご紹介をいたします。

 

数年前より店舗にて土足で使用していたアフガニスタン絨毯を、店舗のリニューアルをするという事でクリーニングメンテナンスの連絡が入りました。

 

納期に期限がありましたので、依頼を受けてから10日間で仕上げるスピードクリーニングの依頼と絨毯の経糸部分のフサが長年の経年劣化によってすり減ってしまいましたのでこのフサ交換作業を行います。

 

 

Before:クリーニング・メンテナンス前

東京都港区西麻布のH様の作業前の写真です。

 

店舗の土足での使用をしていたアフガニスタンの絨毯でしたので、表面に長年の汚れが付き、絨毯全体が光沢がなくなっています。

 

また湿気によるカビの影響で絨毯の経糸部分でもあるフサが左右ともなっなってしまって見栄えも少々悪い状態でした。

 

これ以上劣化が進にでしまうとパイル部分(絨毯の毛足)がほつれだし、高額の修理代をかけて修理するか最悪は使用できなく場合がありますのでフサ交換は早めのメンテナンスをお勧めいたします。

 

絨毯のクリーニングをするかの見極めですが、この房の部分が購入した時よりも少し汚れてきたと感じた場合にクリーニングしてください。フサが真っ黒になってからでは絨毯の表面はかなり汚れています。

 

東京都港区西麻布のH様の作業後の写真です。

 

クリーニング前は土足で使用していた絨毯でしたので糸と糸の間には多くのホコリだけでなく、たくさんの汚れが付いていましたので、大量の水を使いしっかり洗い込みました。

 

水洗いでのクリーニング作業は1回では綺麗になりませんでしたので汚れが取れるまで何度も何度も洗ったところ、真っ黒な汚れが取れて写真のように糸に光沢が戻り見違えるほど綺麗になりました。

 

ウール絨毯をクリーニング場合、必ず乾燥の際に直射日光に当てて乾燥させると糸に光沢が出て色が蘇ります。

 

絨毯の経糸部分のフサも職人の手作業で一本一本丁寧な根気のいる作業を進め、新しく白い糸を縫い込み、結びの処理を終えると、こちらも購入した時と同じような綺麗な仕上がりです。

 

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

今回、東京都港区西麻布のお客様からのご依頼ですが、私ども青山ペルシャンギャラリーは、北は北海道、南は沖縄までの日本全国のお客様のクリーニングメンテナンスを承っています。

 

もちろん他社でお買い上げいただいた絨毯もしっかりとメンテナンスさせていただいております。
その他、絨毯のキズや日焼け、ストレッチのメンテナンスや壁掛けのタペストリー加工まで、絨毯の幅広いメンテナンスに対応いたしております。

 

クリーニングメンテナンスに関してのご質問がございましたらまでお気軽にペルシャンギャラリー青山本店までお問合せください。ご連絡お待ちしております。

 

ペルシャンギャラリー青山本店 電話 03-5766-4688

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼