実績のご紹介

奈良県 K様 トルコ絨毯 房交換

更新日:2017/2/28

奈良県奈良市のK様からトルコ絨毯の房交換の絨毯クリーニングメンテナンスのご紹介です。

 

奈良県奈良市からの遠方からのご依頼ということで、青山ペルシャンギャラリーから梱包道具一式(無料)を送り、お客様が奈良県のご自宅よりご自分でお包みになられて東京に送られてきました。この絨毯クリーニングの包装道具の中には包装紙をはじめ、配送伝票、運送会社の連絡先電話番号、絨毯の包み方を写真でわかる説明書が入っていますので女性やご高齢の方でも簡単に絨毯クリーニングを依頼することができます。

 

Before:クリーニング・メンテナンス前

奈良県奈良市のK様の絨毯クリーニングメンテナンス前の写真です。

 

こちらの絨毯はトルコのカイセリと呼ばれる町で織られた手織りのウール絨毯です。写真を見るとわかりますが絨毯の表面だけでなく経糸のフサ部分まで黒く汚れがあり、経糸をつかみ力を入れるだけで抜けてしまう状態でした。この原因は長い間絨毯クリーニングをしていないのと、カビによる劣化が原因です。床という部分は湿気が上がってくる場所ですので、絨毯を定期的に天気の良い日に風通しの良い場所で乾燥させることをお勧めいたします。ここまで劣化が進んだ絨毯をクリーニングすると、経糸は全て抜けてしまいますので、フサを根元からカットして新しい糸を縫い込むフサ付けのメンテナンスを行いました。

 

奈良県奈良市のK様の絨毯クリーニングメンテナンス作業後の写真です。

 

絨毯クリーニングは職人の水洗い作業で弱った毛足を丁寧に洗った後、ローラーに入れ経糸に染みついた長年の汚れを出します。写真にはありませんが驚くほど汚れた水がたくさん出ました。絨毯の経糸であるフサはクリーニングで所々が抜け落ちてしまいましたので根元から全てカットした後、1本1本手作業で経糸を針で縫いこみます。この作業は時間と根気のいる作業ですが4日間で左右の交換が終了し(写真)フサが本来の白さに戻ると同時に絨毯に清潔感が生まれました。フサ交換の作業には時間がかかりますので料金は若干高くなりますが、交換後の変わり映えは抜群です!絨毯メンテナンスをお迷いのお客様には是非ともお勧めしたいメンテナンスです。

 

 

 

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

何代にもわたりお使いいただける手織り絨毯は一生物です。ただし、一生使う場合には絨毯のクリーニングメンテナンスは必ず必要なことです。

 

今回、奈良県からのご依頼ですが私ども青山ペルシャンギャラリーは北は北海道、南は九州沖縄まで日本全国のクリーニングメンテナンスを対応をしておりす。

 

絨毯のクリーニングや絨毯修理メンテナンス、壁掛けのタペストリー加工まで絨毯に関してのご質問がございましたらペルシャンギャラリー青山本店までお気軽にお問合せください。ご連絡お待ちしております。

 

ペルシャンギャラリー青山本店 電話 03-5766-4688

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼