実績のご紹介

大阪府 H様 ペルシャ絨毯 クム産 左右房交換・縁かがり メンテナンス

更新日:2017/2/21

大阪府のH様からペルシャのシルク絨毯のクリーニングと左右房交換修理のご紹介です。

 

ペルシャ絨毯を何年か使用して後に数年保管していたそうですが、今回絨毯クリーニングと左右のフサ修理をして、再度使うために絨毯クリーニングメンテナンスを承りました。

 

大阪府からのご依頼と言うことで、こちらから包装道具一式(無料)を送り、お客様が大阪府のご自宅より包装されて送られてきました。

 

絨毯クリーニング前の表面には広範囲に薄く汚れが付き、左右のフサ部分は長年の使用により擦り減って部分的にはフサがなくなってしまっています。このフサがなくなる原因は、絨毯の一部分を歩きすぎるか、または湿気によって経糸が劣化してなくなる事が殆どです。

Before:クリーニング・メンテナンス前

まず、シルク絨毯クリーニングはデリケートですので、職人の手作業でシルク専用の洗剤で洗い、表面の汚れを取り除きます。その後、平らな所に置き乾燥させ水分を蒸発させます。

 

絨毯クリーニングは簡単なように思いますが、染料が染みだしやすいシルクの絨毯クリーニングは大変難しく、絨毯をクリーニングした後、素早く水分を取りませんとにじみの原因になります。

 

※ご自宅では絶対水洗いはしないでください。

 

絨毯のクリーニングが終了すると、次はフサ交換の作業です。絨毯の経糸の数だけ職人の手作業で一本一本針で経糸を織り込んで行きます。細かな根気のいる作業ですので従来のクリーニング作業よりも手間と時間がかかります。絨毯を洗った後は絨毯自体が柔らかくなりますので針が通りやすくなるため、とても作業しやすくなります。

 

経糸を織り込みが終了すると、8本から10本を一束にして横一列に結んで、再度ほつれないようにして作業終了となります。

クリーニング前の汚れた絨毯も絨毯クリーニングすることで、本来のシルクの輝きとなめらかさが戻りました。赤いシルク部分も綺麗ですが、特に白いシルク部分は見違えるほど変わり、全体が光沢ある綺麗な仕上がりです。

 

フサ交換もメンテナンス作業前は、左右のバランスがとても不自然ですが、フサ交換後はお買い求めいただいた時と同じような仕上がりとなりました。フサには新品の糸が入り、フサを付け替えた跡は全くと言っていい程、わからない仕上がりです。

 

ペルシャ絨毯のフサ交換はクリーニング料金に比べ、少々お値段のかかるメンテナンスです。一部のお客様は作業をされない方もおられますが、クリーニングとフサ交換をすることで元通りの見違えるような素晴らしいペルシャ絨毯に復元できることをお約束させいただきます。

ペルシャンギャラリースタッフからのコメント

ペルシャ絨毯は一生ものと言われ購入したお客様が多いと思います。

もちろん一生ものだと私どもスタッフも思っています。

ただし、何もメンテナンスしなくて一生使えるものではありません。

 

お子様が小さい、ペットを飼っているなどの環境により様々ですがクリーニングは最低でも玄関マットで5年に一度、お部屋用の絨毯は7年~10年に一度は必ずクリーニングメンテナンスされることをお勧めいたします。

 

今回、大阪府からのご依頼ですが日本全国クリーニングメンテナンス対応をしています。

 

絨毯のクリーニングや絨毯修理、タペストリー加工まで絨毯に関してのご質問がございましたらペルシャンギャラリー青山本店までお気軽にお問い合わせくだい。

ご連絡お待ちしております。

 

ペルシャンギャラリー青山本店 電話03-5766-4688

 

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688
  • ペルシャンギャラリー青山 本店
  • ペルシャンギャラリー青山 鎌倉小町店
  • 工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼