絨毯クリーニングのペルシャンギャラリー HOME > コラム > 長年使った絨毯の日焼け修理を業者に依頼してみよう

長年使った絨毯の日焼け修理を業者に依頼してみよう

長年使っている絨毯は日焼けから逃れられない


皆さまの中にも、「ずっと大切に使ってきた絨毯なのに、窓際に敷いている部分がなんだか日焼けしてしまっている」という事態になった方もいらっしゃることでしょう。絨毯は長い間使っていると、日焼けを起こしてしまうことから逃れられません。しかしながら、日焼けしてしまったからといってせっかくの大切な絨毯を捨ててしまうのは、もったいないのではないでしょうか。絨毯が日焼けしてしまったときにはどんな風に対処したらよいか、対策や修理法について説明します。
日に焼けてしまった部分を直すには、自分でなんとかしようというのはあまりにも難しいことです。この場合は、専門業者にお願いして修理してもらうのがベストです。専門の道具を使って手早く直してもらえるため、余計な手間や苦労もかかりません。修理費は少しかかるかもしれませんが、自分たちでやって失敗してしまうことや高いお金を出して新しい絨毯を買うことを考えれば、コストの面でも専門業者に依頼する方が良いでしょう。
とはいえ、いきなり依頼をするのは少々不安だという方は、時間があるのであれば一度専門業者に状態を相談して、見積もりを出してもらうことをおすすめします。どれくらいかかるか、どれくらいの期間でやってもらえそうかなどを、まずは相談してみることが大切です。特に無料で見積もりをしてくれるような業者だと、見積料も取られず気軽に相談することが出来るでしょう。
専門業者にもさまざまなタイプがあり、選ぶのにも注意が必要です。自分たちの悩みに親身になってくれるところを選び、問題点をきちんと相談してみましょう。専門業者のホームページなどをチェックしてみると、実際に日焼け修理をしてもらった人の意見などが見られることがあります。日焼け修理してもらうと、いったいどんな風に仕上がるのか見当もつかなくて不安だと考えているのであれば、実際に修理に出した人の意見を参考にしてみるのも良いかもしれません。

絨毯を日焼け修理する方法とはどんなものか


やはり大切に使ってきた絨毯を預けるというのは少し不安なものです。いったいどうやって修理するかも見当がつかないゆえに、いろいろと悩んでしまうことが増えてしまいます。そこで少しでもその不安を取り除くため、プロの方が一体どのようにして修理を施してくれているかを簡単にご説明します。これさえわかっていれば安心して預けられますし、もしどうなるか不安なのであれば、最初に専門業者に確認してみると良いでしょう。
日に焼けて色あせてしまった部分を修理するときは、特殊な洗剤や塗料などを使う必要はなく、シンプルにその焼けた部分を取り除くことになります。一度色あせてしまった部分はどんなことをしても、そのままでは元に戻らないからです。どうやって取り除くのかといえば、絨毯の表面をほんの少し削ることから始まります。日に焼けている部分というのはじつは表面のほんの一部にすぎず、奥のほうはまったく褪せていません。つまり、褪せた部分だけを削り落とすことによってきれいな状態を保つのです。これはシャーリングと呼ばれる作業であり、全体的にきれいに色を取り戻すことができる技です。削るときは特殊な道具を使ってプロの技で削ってもらうため、こちらは何も心配することはありません。
また、削ると言っても本当にミリ単位のことです。仕上げてもらったものを見ればわかると思いますが、終わった後の仕上がりでは削ったかどうかなど少しもわからないようになっています。まるで元の新品に戻ったように蘇ったように感じられるのですからとても嬉しいことです。また買いたての使い心地を味わえるというわけです。

絨毯をできるだけ劣化させないために


あまりにも劣化してしまった場合は修理を依頼したりクリーニングに出したり、それでもダメな場合は処分したりするのですが、そもそも修理せずに済んだり劣化せずに済んだりするように配慮したいところです。いつまでも良い状態を保つためには、いったいどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。ここではいくつかの対策方法をご紹介します。
そもそも絨毯はもちろん素材にもよるのですが、ほかの家具や小物に比べて長い間使うことができるものであることで知られています。たしかに汚れてしまったり日に焼けてしまったりすることはあるかもしれないのですが、それでも修理すれば十分に使うことはできます。つまり、問題は汚したり日に焼けさせたりしないように気をつけるということなのです。見栄えが良いままであればいつまでたっても良い状態を保ってくれ、鮮やかな色のままでいてくれるはずです。
例えば、設置する場所はなるべく日当たりのよいところを避けます。また、食事をする場所や小さいお子さんやペットが遊ぶ場所はなるべく避けたほうが良いでしょう。日に焼けたように色あせるのは、何も日光だけが原因ではありません。摩擦が起きてしまうだけで色落ちの原因にもなるのです。大事なものや高価なものであれば、大人同士がじっくりとくつろげるような場所に設置するというのも一つの手段といえるでしょう。
お気に入りのものだからこそ長いこと使い続けたいものですが、その扱いにはやはり工夫が必要であり、粗末に扱っていてはすぐにダメになってしまうところが出てきてしまいます。しかし、大切に扱っていても多少色あせてしまうことはどうしても避けられないものです。もし色が変化してしまって嫌だと感じているのであれば、ぜひ一度専門業者に相談してみてください。きっとあなたの納得のいく対応をしてくれるはずです。

東京・青山の絨毯クリーニング専門サイト「ペルシャンギャラリー」HOME

ページのトップに戻る

お問合せ・お見積り依頼

絨毯・カーペットの事なら当社へご相談下さい。同業者の方もお待ちしています。

TEL 03-5766-4688

店舗写真
工房写真

ペルシャン・ギャラリー青山本店
東京都渋谷区渋谷2-10-14
青山アルファビル1F
TEL:03-5766-4688
FAX:03-5766-4689

■アクセスマップ
地図
大きな地図はこちら 【1】JR東横線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線他「渋谷駅」より徒歩8分
【2】東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」B1出口より徒歩8分

ご質問からご相談まで、まずはお気軽にお問合せ下さい。 お問合せ・お見積り依頼